スケートボードでサーフィン練習
   電撃サーフィン
 HOME > SK8(スケートボード)


SK8(スケートボード)


  SK8は、元々サーファーによって作られた遊び道具らしいです。波の無い日にもサーフ
  ィンをしてーってな訳で出来たのが、みんなもご存知「SK8(スケートボード)」です。

     SK8(スケートボード)

  しかし私が買ったキッカケは、公園でよくカシャーンって飛んでるアレがやりたかったの
  が理由。しかし私には壁が厚く、捻挫はするわーケツは打つわーでサーフィンが出来なく
  なったらイヤなので飛ぶのは却下←(一応20cmくらいは飛べるようになった^^)。

  折角買ったSK8がモッタイナイって事で、SK8の基本でもある「チクタク」を練習してい
  た所、基本の動きがサーフィンと似ている事を発掘、いや発見!これは使えるっと思っ
  て、今でも暇を見つけて15〜30分くらいクルクル回ってます^^。

  スケートボードも色々あって、人によってサーフ・スケートなどに意見があると思います
  が、あまりスペースを取らなくても、3次元の動きが出来るので、私はショート・スケート
  ボードでのイメトレが気に入ってます^^。他にもロングを使って勾配やランプ台を利用し
  たイメトレや、サーフィン練習の為に設計されたスケートなどもありますよ^^)/

  ただし!SK8はボードが短い分だけ動きや荷重がオーバーアクションになりやすいで
  す。本物のサーフィンとは物理的?に違いますので、イメージトレーニング程度の遊び
  です。波がある日は海へ行きましょう^^)/


   チクタク

  ボードを右へ左へと振り子のように振って、止まった状態から加速していく技。

  これをアップス&ダウンズのイメージでやると、腰のヒネリや手の動き、頭を中心にター
  ンする感じでイメージトレーニングが出来ます。波のサイズはモモ〜腰って感じです^^。

  SK8をやる場所はアスファルトではなく、コンクリートのようなツルツルした路面が一番
  いいです。アスファルトは路面の抵抗が大きすぎるので、やらない方がイイです。

  先ず、「チクタク」のスタンスですが、「キック」と呼ばれる上へ反った部分が両端にありま
  す。この「キック」部分の、折れ曲がっている所の上くらいに両足を置いてスタンスをしま
  す。進行方向はサーフィンと同じで、軸足が利き足(後足)になります。

     足の位置

     足の位置、正面
     ボードに乗っかっている怪しい物体は足のつもりです^^

  取り合えず止まったままボードに乗っかって、軸足に体重をかけてボードの前を少し浮
  かせます。前足は浮かんだボードに添えてる感じで乗っけておきます。そしてボードの前
  が浮くタイミングで右か左にボードを振ってやります。

     ボードを浮かす

  左右のどちらかにボードを振った瞬間に前足で外側へ押し出すように踏み込み着地しま
  す。今度は同じ要領でボードを浮かし逆に振ってやります。この踏み込む動作がアップス
  で言う波のボトム側へ押し出す感じと同じです。

     チクタク

  これを交互に繰り返す事によって遠心力が働き、遠心力を利用してどんどん前へ加速し
  ていくのが「チクタク」です。アップスの加速と同じ原理でしょ?

  最初はバランスも悪く、その場から動かないし後退を始める場合もあります。3日くらい
  続けてやっているとけっこう進むようになりますので、根気よくやってみて下さい。


  少しづつ前進するようになった所で、今度は腰のヒネリを加えてやります。アップスの先
  行動作と同じく、右にボードを振って踏み込むタイミングで左へ腰をひねり、左へボード
  を振って踏み込むタイミングで右へ腰をひねります。

  踏み込んで腰をひねる瞬間には後足へ体重を乗せ、ボードを浮かす動作に移ります。

  腰をひねると分かりますが、左へボードを踏み込んだタイミングで右へ腰をひねる時に
  は、後ろ側の手と肩を先行させて後側へ振り、右へボードを踏み込んだタイミングで左
  へ腰をひねる時には、後にあった手を肩と一緒に体の前から左へ振れば腰もしっかりと
  動きます。これはアップスのハンドアクションの動作と同じです。


  続けてやっていると、かなりのスピードが出ますし、ボードのバランス感覚もバッチリにな
  ってきます。狭い場所でやっているのならボードに前足を乗せて、後ろ足で地面を蹴って
  スタートすれば少々狭い場所でも大丈夫です^^。

  スピードが出せるようになったら、今度は体を倒してターンさせます。しっかりと腰からヒ
  ザへ体重をかけて、頭を動かさず(頭を中心)に、ボードを外へ膨らますような感じで体
  を倒してターンをしていきます。顔と目線は地面を見るのではなく、波を想定した進行方
  向に向けてやれば頭を中心にターンするイメージが出てきます。

  ここまで出来るようになれば、かなり波を意識した連続ターンが出来るようになります。あ
  とは波を意識してテンポよくクルクル回りましょう^^)/

  SK8でターンをイメージする場合には、足首を絶対に使わないようにしましょう。波乗り
  には足首は使いません。常に腰からヒザへ体重をかけたターンをして下さい^^。


   オススメ・SK8スペック

  先ずはSK8のパーツ名称から。

  ボードの乗る部分は「デッキ」、クルクル回る車輪が「ウィール」、デッキ裏からウィールを
  固定する金具が「トラック」と言います。

     スケートボードのトラックなど

  ターンを重視した、高さがやや高めになる組み合わせがイイです(ターンしたときにウィ
  ールとデッキが当たるから)。

  私のSK8は、飛んだり回したりするようなSK8よりやや高めの「INDEPENDENT」のト
  ラックに55mmのウィールを付けています。デッキ幅は約20cmで長さが約79cm。ボ
  ード裏の真上から見ると、ボードの横幅よりも1cmくらいウィールが引っ込んでいます。
  ウィールのベアリングはメッチャよく回るタイプで、トラックの軸のゴムブッシュは標準より
  少しやわらかめにしてあります。

  一応、ランプ台(坂になっている台)やハーフパイプ?にも対応できるスペックになってい
  ますので、平面があきたら立体も可能です^^。SK8は色々チューニングも出来ますの
  で、出来れば最初から組みあがっているコンプリートではなく、パーツから揃えていった
  方がいいかと思います。

  私が持っているSK8以外にも、「CARVER」や「STIK」といったサーフスケートもありま
  すので、色々と試してみるのもイイかもしれませんよ^^)/

  



                     電撃サーフィンHOMEへ

     
Copyright(c)2005 電撃サーフィン All Rights Reserved.