サーフィン用の腕時計、サーフィンに適した腕時計
   電撃サーフィン
 HOME > サーフィン用の腕時計ってあります?


                  初心者必見!よくある質問集

サーフィン用の腕時計ってあります?


  サーフィンするのに時間なんか気にしてどうすんの?
  ・・・ と、言われるかもしれませんが、
  必要な人にはけっこう必要なんです。 「腕時計」。

  私も以前は、サーフィンに腕時計なんて・・・ と、思っていた頃もありましたが、
  (あ〜 あの頃は若かったな〜) ←オヤジの今日の一言
  今は携帯電話に次ぐ必需品。 ←いったい何のランキングやねん

    「出勤前の朝一サーフィン」
    「実は仕事中にこっそりサーフィン」
    「夕食に間に合うように帰らないと、飯が残っている保証がない」

  などなど・・・ 人によって腕時計の需要こそ異なりますが、
  やはり必要な人にはけっこう必要なんです。 「腕時計」。

  そこで!

  そろばん5級&エレクトーン12級の私が! ←おいおい全然すごくねぇ・・・ しかも実話
  サーフィン用、又はサーフィンに最適だと思われる腕時計について、うんちく語っておき
  ますので、サーフィン用の腕時計を考えている方は、是非ともご一読を m(_ _)m

  え〜 まず! サーフィン用の腕時計として最も重要な機能は・・・
  1.「防水」である事。 「防寒」や「防音」ではありません。 ←そんな腕時計ないだろ

  で、この「防水」機能についても、色々な規格が御座いますが、
  最低限必要な防水機能・能力は、「100m」防水以上の腕時計である事!
  腕時計の防水規格には、大きく分けて「○気圧防水」と「○m防水」の2種類ありますが、
  「○気圧防水」ではなく、「○m防水」の腕時計を選んで下さい。
  (↑ 私実は・・・ けっこう腕時計マニアだったりします・・・)

  ・・・で、ここまで来て、ちょっと自然物理に詳しい人ならば、ちょっと疑問が出てくるのが、
  「気圧」と「潜水距離」の関係。

  海に100mも潜れば、海中では10気圧の気圧がかかります。
  ・・・という事は、100m防水でなくても、10気圧防水でもOKなのでは?
  という疑問が出てくるかもしれませんが、これらはあくまで物理的な気圧での話であって、
  腕時計の防水規格には全く当てはまりませんので要注意!

  例えば・・・ 一般的によく目にする 「日常生活防水」の腕時計。
  これらの時計は、基本的に 「3気圧防水」の基準に適合している製品となりますが、
  「3気圧」=「30m防水」と考えて、30mも水中に潜ってしまうと・・・ 当然その腕時計は
  「終了〜」となってしまうでしょう。 あーめん。

  というわけで、「○気圧防水」と「○m防水」の防水規格では、その防水能力は全く異なり
  ますので、腕時計をサーフィン用として使用するのであれば、何があっても、最低でも
  「100m防水」規格の腕時計をチョイスして下さいね〜 ^o^)ノ

  (↑ ネットショップなど、サーフィンや時計の知識に乏しいショップでは、日常生活防水
     程度の時計でもサーフィン可能・・・ とか言う説明を稀に見かけますし、
     「10気圧」=「100m防水」と、本当にそう思っているショップも少なくありませんので、
     そのような言葉は絶対に鵜呑みにしないように


  それから! その他、サーフィン用の腕時計として重要な機能は・・・ と言えば、

  2.「時計のバンド部分がシリコンゴムなど、伸縮性のある素材である事

  腕時計は腕に装着するわけなんですが、テイクオフでボードに手を付く瞬間、腕時計の
  バンド部分に一気に伸縮する力が加わりますので、
  皮製や金属製のバンドの時計は絶対にタブー。

  また、冬場などでフルスーツ(ウェット)を着た場合には、ウェットの上から腕時計をする
  わけなんですが、バンドがシリコンゴムで出来ている腕時計だと、腕でするする滑らない
  ので、腕時計がじゃまに・・・ という事もあまりないでしょう。

  3.「出来るだけ金属素材の少ない腕時計

  極々稀に・・・ですが、ロレックスなどのブランド腕時計を装着されサーフィンされている
  方を見かけますが、ビギナーの方は絶対に真似しないで下さいね〜 ^^
  時計がボードにゴツゴツ当たって、ボードが傷だらけになります。 要注意。
  (↑ 確かに、防水性能は半端なく良いですが・・・)

  じゃあ・・・ 出来るだけ金属素材の少ない腕時計って、どんなの?
  てな具合になりますが、時計のケース(本体)部分がシリコンゴムで覆われているような
  腕時計だと、かなり理想的と言えるでしょう ^^

  ちなみに・・・。  え〜 そんな腕時計、何処で売ってんの〜 ・・・という方のために、
  私自身が探し出して、さらに実際に私が愛用している腕時計を紹介しておきます!
  是非とも、ご購入のご参考にされてみて下さいね〜 \(^^

  その腕時計とは・・・

  ニクソン ラバープレーヤー  ニクソン ラバープレーヤーのバンド部分

  「 ニクソンのラバープレイヤー 」↑↑↑
  (↑ ニクソンの腕時計は、ファッション雑誌なんかでも良く見かける有名メーカー。
     また、私は最近知ったのですが、
     このニクソン・ブランドは〜 サーフ、 スケート、 スノー に共通する
     「ライフ・スタイル」をコンセプトとして立ち上げられた時計ブランドだとか・・・


  このラバープレイヤーは、バンド部分はもちろんの事、ケース本体もシリコンゴムに覆わ
  れていますので、バンドの伸縮性は申し分ないし、時計の本体がボードに接触しても、
  大切なボードを傷つける心配もないんですね〜 ^^

  また、最近流行りのワイドケースなので、普段使いも全然OK!
  (↑ 本体がやや大きいですが、私は入水中でも全然違和感ありません)

  そして、時計の心臓部でもあるムーブメントは、信頼のmade in JAPANのクオーツ!
  (↑ 私の購入当時(2010年5月当時)での仕様 (ムーブメント)ですので、
     それ以降だと、ひょっとしたら・・・ 仕様変更の可能性はあります)

  (↑ ニクソンはアメリカのメーカー。 いわゆる舶来品)

  さらに! 防水性能も「100m」防水なので、
  サーフィンにはいたせりつくせりの腕時計なんですね〜 ^^
  (↑ この時計を発掘するのに、めちゃめちゃ探しましたが・・・)
  (↑ ネットショップなどでは 「10気圧防水」と表示されている場合もありますが、
     正しくは 「100m防水」です)

  しかも! 腕回りもけっこうバンド長に余裕があるので、
  そこそこ腕回りの太い私でも、5mmのセミドライの上からでも余裕で装着可能です。

  ただ・・・さすがに、竜頭部分とバンドの留め金部分は金属となっていますが、
  竜頭はボードに当たる事はありませんし、留め金は、ボードに腹ばいになって手を伸ば
  した時にさえ気を付けておけば、ボードに接触する事はないでしょう。
  (↑ 私の場合は、クセで留め金がボードに当たってしまうのですが、クセさえ直せば問
     題ないレベルでした。 また、接触が気になる場合は、留め金部分に小さなゴム
     バンドをしておけば問題も解決するでしょう)

          

  私のはホワイトですが、その他色々なカラーバリエーションがありますので、
  サーフィン用の腕時計を探されている方は、参考までに! \(^o^)ノ
  (稀に、限定色も出ているようですね〜。 細かくチェックを!)

  
  ちなみに〜 このニクソン製の腕時計は、
  「海外メーカーの舶来時計」となりますがゆえに、
  大きく分けて 並行輸入品と国内正規品の2種が存在しており、

  その双方の違いによって、
  販売価格からメンテナンス性にまでおいて、大きな 「差」がある場合も御座いますので、
  もし購入をご検討される場合には、予め それら双方の特徴を知った上で、ご自身の
  ご意向によってチョイスされます事をオススメ致します ^^
  (⇒ 海外メーカー時計の並行輸入品・国内正規品について

    

       

  コレ ↑↑↑ ニクソンのラバーシリーズの新作〜 ^-^)ノ
  「THE RUBBER 51-30

  ラバー(シリコン)なボディはもちろんの事!
  (※ ケースとリューズ、バンドの留め金など・・・ 一部には金属部分あり、
     また、ムーヴメントはスイス製ですが)

  防水性能はなんと! 「300m防水」!!!

  ベゼルを回せば〜
  サーフヒート用カウントダウン設定も出来ますし、
  その他、タイド(潮汐)機能も付いているとか・・・
  (※ 私は持ってないので、詳細までは分かりませんが・・・ (スミマセン m(_ _)m)
     設定すれば、潮のHigh/Lowが分かるアナログタイドグラフ付きだそうです ^^)

     
     (↑ ニクソンらしく、こんなポップなカラーのラインナップも)

  これも! まさに〜
  サーファー・ユース? な、腕時計と言えるでしょう \(^v^
  (※ ただ、やや値が張りますが・・・)

  これまた参考までに ^^

  あ! いくら防水の時計とは言っても〜
  海から上がったら、真水でキレイに洗うのを忘れずにね〜 ^^

  



                     電撃サーフィンHOMEへ

     
                    初心者必見!よくある質問集
Copyright(c)2005 電撃サーフィン All Rights Reserved.